計算ミスを防ぐ方法



計算ミス……。



「私は良く計算ミスをするなぁ」
と思う人は少なくないのではないでしょうか。



大事な試験での計算ミスは致命的な場合が少なくありません。

一般的に試験では、点数を取れるものを確実に取る事が重要だからです。

難易度の高い問題は皆とれないため、基本的な問題で、どれだけ点数をとれるかで差がつきますし、小問を順を追って解いていくものの場合、最初に間違うと大問を全て落としてしまうからです。

また、勉強中の練習問題を解いている時でも、解法そのものは合っているのに、つまらない計算ミスのために、何が間違っているのか分からず、時間をムダに使ってしまう場合もあります。



かく言う私も計算ミスをしてしまうタイプでしたので、重要性が分かります。



さて、計算ミスを防ぐにはどうしたら良いでしょうか?

何度も何度も、延々と計算問題を繰り返す、などの方法もあるでしょう。



ただ、小学生なら良いですが、それより上の年齢で様々な勉強をしている人にとって、計算問題ばかりを延々とやる時間は無いでしょう。

推奨する計算ミスを防ぐ方法は、



丁寧に、整理して読み直せる途中式を書く



といったものです。



Sponsored Link

in



計算ミスをする人は乱雑に書いたり、文字が読みにくい場合が多いためです。

綺麗な文字を書く必要はありませんが、読みやすい文字を書きましょう。

早く書こうと意識するあまり文字が読みくなったり、式の順序があちらこちらに書いていると見直しも難しくなります。

勉強中の練習問題で意識することで、計算ミスによるムダな時間を省くだけでなく、見直しも容易になるのではないでしょうか。

実際の試験では、計算用紙が無い試験もあります。

どのように書けば、整理して読みやすくなるかも、普段か作戦を練っておくことも良いでしょう。



計算ミスは計算力だけではなく、普段の整理整頓や見やすく書くこをと意識する事が非常に大切です。

※参考図書:受験脳の作り方



おもしろい、役に立ったと思う人はエールを。
管理人のやる気につながります。

このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link

ページのトップへ戻る