完璧な問題集なんて存在しない



完璧な受験参考書、問題集なんて存在しません


また実行しなければ効果は出ません。

この点は忘れないで下さい。

無駄に参考書、問題集選びに振り回されないように。

あくまで参考書、問題集は大学に合格する学力をつけるためのツール(道具)です。



勉強の本質、根っこの部分は変わらないものす。



表現や設問は違っても、どの参考書、問題集もきちんと解説しているはずです。

効率も大事ですが、それだけに囚われ、ただ参考書探しをしているだけでは、受験参考書コレクターでしかありません。

目的を見失わないようにしましょう。


Sponsored Link

何冊も買うな


よく問題集は何冊買うなと言われます。

しかし本来の勉強ならば、何冊も読む方が正しいのです。

まず1冊だけだとその本が間違っていた場合、その間違いをそのまま受け入れてしまいます。

また、その本だけでは内容が理解できない場合、違う本を読むことで表現の仕方が違うため内容を理解できます。表現の仕方が違う本を読むと視野も広がります。

実際、大学で研究を行っている場合、同じ分野の本を何冊も読みます。

では、受験勉強の場合もホントは何冊も持っていたらいいの? となりますが、やっぱり、そうではありまあせん。



答えは、何冊も買うな、です。



記憶の観点から効率よく覚えるには、「同じ情報」を何度も繰り返すことが必要なのです。

まだ勉強が進んでいない場合、同じような問題でも、その同じような部分が分からず、「同じ情報」だとわかりません。

したがって、いろんな問題集に手を出した場合、効率よく暗記できません。



基礎を固め大学受験に合格する学力を身につけるには、問題集をしぼり集中的に復習したほうが効率が良いのです。

一般に言われる、気が散る、というのも何冊も持つ必要が無い理由です。

何冊持っていようが、2、3回は復習して勉強しなければならないので、どれだけ参考書、問題集をできるかで、量を考えましょう。
(少なすぎてもだめです。数学の問題集1冊だけなどは厳しいと思います)


Sponsored Link

サイト検索


Category

リンク


Sponsored Link









ページのトップへ戻る