独学での英会話の勉強法は効果的なの?


「独学での英会話の勉強法は効果的なの?意味があるの?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

今までの英語の勉強法と言えば通学型の英会話スクールに通うのが一般的で、ECCやNOVAが有名でした。

しかし、通学型の英会話スクールの利用には下記のようなデメリットがあります。

  • 1レッスン当たりの料金が非常に高いので長期間に渡って続けると経済的に負担が加わる
  • グループレッスンでは他の生徒のレベルに合わせなければならない
  • 早朝や深夜といった時間は開講していないケースが多いので社会人は学習を続けにくい
  • 担当する講師を自由に選べないので自分と相性の悪い先生とレッスンを受けなければならないこともある

上記の中でもコスト的な負担が大きいからこそ、独学で学習している方が増えているのではないでしょうか。

確かに、専門知識のある講師や先生についてもらい、一から教えてもらうのが最も効率の良い勉強法となっています。

それでも、語学の習得には長い期間がかかるため、下記のように金銭的な負担が加わらず自宅で学習できる独学にチャレンジしてみるのは選択肢の一つです。

  • CDを聞いて大量のボキャブラリーや英文のパターンをインプットする
  • 英語を実際に口に出してみてアウトプットの練習を行う
  • 慣れてきたらシャドーイング(オウム返し)で英語の耳を作る
  • 日本語の文章を見て英文を口頭で言えるようになるための瞬間英作文と呼ばれるトレーニングをする

上記の中でもコスト的な負担が大きいからこそ、独学で学習している方が増えているのではないでしょうか。

独学で利用できるのは音声付きの英会話教材や本屋で販売されている参考書、DVDやブルーレイの洋画など様々です。

ただ漠然と英語を聞き流していてもワンステップで言語習得が終わるわけではありませんが、1日に数十分間でも英語と触れ合わなければなりません。

日常生活において英語を聞いたり話したりする機会は日本では皆無ですし、自分から積極的に行動へと移さなければ英語力の向上には結び付かないのです。

そういった点では気軽に利用できる英会話教材や参考書は非常に適しており、音声があれば音の繋がりや抑揚、発音の法則をチェックできます。

「複数の単語が集まることで音が消える」「複数の単語が集まることで音が繋がる」というのが日本語と英語の違いで、「take it easy」は「テイクイットイージー」ではなく「テイキッリージ」と短縮されるのが特徴です。

そのような発音の変化もリスニングしていくうちに慣れるので、「自分一人の力では無理だ」と諦めずに独学による勉強法を続けてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link

ページのトップへ戻る