初心者の英会話の勉強法について


初心者はどのような英会話の勉強法を試みれば良いのか迷ってしまうかもしれません。

確かに、現在ではありとあらゆる方法で英語の学習ができ、何から手を付ければ良いのか悩むのは当然です。

そこで、以下では「初歩的な文法が理解できない」「TOEICのスコアが低い」という初心者におすすめの勉強法をご紹介しているので、是非一度試してみてください。

リスニング力を鍛えよう


英語を学習するに当たって、以下の4種類を総合的に鍛える必要があります。

リスニング力:英語を聞き取る力
リーディング力:英語を読み取る力
スピーキング力:英語を話す力
ライティング力:英語を書き取る力

これらの中でも特にリスニング力を中心に鍛えなければならず、初心者ならば尚更英語の音に慣れるのは重要です。

日本語と英語とでは母音や子音の数が異なり、全く違う音として捉えなければなりません。

リスニング力を鍛えて英語を聞き取ることができれば、自然とボキャブラリーやフレーズを覚えられます。

もちろん、SVOやSVOCといった初歩的な文法を理解するのは大事ですが、音声CDや英会話教材を使用し英語を聞き取ることから始めてみてはいかがでしょうか。

現在ではCD付きの英会話教材が通販で数多く取り扱っていますし、中学校の英語の教科書のようにテキストもセットになっているので文法も同時に学べるはずです。

易しい内容の文法から学習を始めよう


リスニング力を鍛えるのと同時に、易しい内容の文法を習得するのも英会話の勉強法として大事な要素となっています。

「英語を聞き流しているだけで英語を話せるようになる」というキャッチフレーズの教材は現在では増えました。

確かに、日本語とは異なる英語の音を慣れさせるには最適な方法ですが、内容を把握しながら聞き取らなければ意味がありません。

そのためには英語の文法のルールを理解しなければならず、中学英語レベルの最低限の知識から始めるのが初心者には適しています。

ゼロから英語の文法をやり直すためのテキストや講座は多く、基本的な文法知識をストックして復習を繰り返していれば着実にスキルアップへと繋がるはずです。

実践を積み重ねてみよう


英語力は使う機会がなければ上がりませんし、初心者においても実践を積み重ねるのは大事な勉強法の一つです。

文法力を鍛えていても実践的なシチュエーションで話す練習をしなければ、ネイティブとコミュニケーションをとれるようにはなりません。

実践を積み重ねる勉強法としては下記が挙げられます。

  • 通学型の英会話スクールへと通ってレッスンを受ける
  • 自宅でパソコンを用いてレッスンを受けるオンライン英会話を利用する
  • 一定期間に渡って海外へと留学する


もちろん、海外への留学は初心者にとってもコスト的にも少々ハードルが高いので、通学型の英会話スクールやオンライン英会話を利用してみましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加



Sponsored Link

ページのトップへ戻る